CASIO

CASIO

創造 貢献

1946年(昭和21年)、樫尾4兄弟による創立。
「創造 貢献」(※)という理念のもと、今までの事業により培ってきたLSIの技術を駆使し、1974年に世界で初めての「フルオートカレンダー(カレンダー計算機能)」が搭載された「カシオトロン」を発表。
以降、耐ショック腕時計「G-SHOCK」等、時計の常識を覆すような機能を持った製品を次々と生み出している。
※「創造」とは「普遍性のある必要を創造すること」であり、「誰にとっても必要でありながら、まだ世の中になかったものを新たに生み出す」ということ、そして、「貢献」とは、「創造したものが、やがて無くてはならないものとして世の中に普及していくこと」

Link

■オフィシャルホームページ


世界限定1000本

OCEANUS(オシアナス) GPSハイブリッド電波ソーラー

OCW-G1200D-1AJF
302,400円(税込)

ベゼルにブラックと新色のブルーの2色成形セラミックを採用し、地球のブルーと宇宙のブラックを表現。更にゴールドのカラーリングを施した時分針とベゼルのUTC表記、白蝶貝の時字を採用することでスペシャルモデルにふさわしいカラーリングになっています。バンドの中駒にはブラックセラミックを用いることで、メタルバンドとは異なる質感を演出。デザインアクセントとしての印象を高めます。

GPS ハイブリッド電波ソーラーは地球上どのタイムゾーンにいても、衛星電波を受信し現在地の正しい時刻を取得。
屋内や悪天候などで衛星を探知できない場合は、地上電波を夜間自動受信。
2つの電波の相互補完で、屋内・屋外を問わず、
より確実かつ安定した時刻情報取得を可能にしています。

ソーラー充電システム 10気圧防水 GPS電波受信機能 標準電波受信機能(マルチバンド6)

 

G - S H O C K

G-スチール

GST-W110D-1AJF
48,600円(税込)

タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKから、新たに「レイヤーガード構造」を採用した「G-STEEL(Gスチール)」が登場。

ベゼル部に異なる素材を用いて、二層のレイヤー構造にすることにより新たな耐衝撃構造を実現。ベゼル上部にメタル(ステンレス)を使用した場合は下部に緩衝体となる樹脂、また上部に樹脂を使用した場合は下部にファインレジンを組み合わせることで、上部からの衝撃を緩衝する耐衝撃構造を新開発。これによりデザインの幅を広げました。
世界6局に対応するマルチバンド6やタフソーラーを搭載。ワンプッシュで時分針を現在の位置から、一時的に退避させ液晶表示が読み取れる針退避機能や、文字板を明るく照らすダブルLEDライトも搭載しています。新しい構造により、タフネスデザインのバリエーションの幅を広げた、新シリーズ「Gスチール」の登場です。

タフソーラー充電システム 20気圧防水 標準電波受信機能(マルチバンド6) ダブルLEDライト



Comments are closed