1. TOP > 
  2. WATCHE > 
  3. CASIO > 
  4. G-ショック

カシオ G-ショック

カシオ-G-ショック-画像1

前のモデルへ

次のモデルへ

1946年(昭和21年)、樫尾4兄弟による創立。
「創造 貢献」(※)という理念のもと、今までの事業により培ってきたLSIの技術を駆使し、1974年に世界で初めての「フルオートカレンダー(カレンダー計算機能)」が搭載された「カシオトロン」を発表。
以降、耐ショック腕時計「G-SHOCK」等、時計の常識を覆すような機能を持った製品を次々と生み出している。
※「創造」とは「普遍性のある必要を創造すること」であり、「誰にとっても必要でありながら、まだ世の中になかったものを新たに生み出す」ということ、そして、「貢献」とは、「創造したものが、やがて無くてはならないものとして世の中に普及していくこと」

カシオ(CASIO) OFFICIAL SITE >>

カシオ G-ショック

Ref.(型番号) GST-W310D-1AJF
国内価格 ¥48,600(税込)

ミドルサイズ 電波ソーラー

タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKから、ダウンサイジング(ケース全体で約90%にダウンサイジング)を実現し、デザインバリエーションの幅を広げた「G-STEEL(Gスチール)」のNewモデルが登場。

世界6局(日本2局、中国、アメリカ、イギリス、ドイツ)の標準電波を受信し、時刻を自動修正するマルチバンド6
 タフソーラー
 針退避機能
 文字板と液晶部を照らすスーパーイルミネーター(ダブル)

ステンレススチールケース&ブレスレット

ケース径:49.3mm